R2.6実施「大学教育後援会」活動調査アンケート結果報告

全国の国公私立784全大学にあって、保護者を主たる構成員として組織する533の「大学教育後援会(組織)」さまに回答を依頼しました調査結果がまとまりました。

「大学教育後援会」活動調査アンケート 集計報告(9.99MB)

ご協力ありがとうございました。
本アンケート調査は、日本学術振興会「科研費 19K02855」の助成を受けて実施したものです。
(基盤研究(C) 「大学教育後援会の事業と成果を指標として実施する大学評価の可能性をめぐる実証的研究」 研究代表者 大川一毅)」


これまでの調査結果報告書(お手すきのときにご覧ください)
○ 調査報告書(アンケート結果レポート)

H29.3実施:アンケート調査結果PDF:7.63MB)
平成29年3月に全国の大学を対象に実施した全学卒業生組織による「在学生支援・校友育成事業の実施状況調査結果の報告書です。

H25.3実施:アンケート調査結果PDF:2.56MB)
平成25年3月に全国の大学を対象に実施した「卒業生サービス」の実施状況調査結果の報告書です。

H22.3実施:アンケート調査結果(PDF:1.92MB)
平成22年3月に全国の国立大学を対象に「卒業生サービス」の実施状況を調査した結果です。

(調査結果をもとに執筆させていただいた)研究論文等へのリンク

大川一毅・大野賢一・嶌田敏行 「大学教育後援会の現状と大学評価の可能性」岩手大学人文社会科学部 『アルテスリベラレス』,第107号,305-325.(2020年12月)
・2020年に実施した全国アンケート調査の結果をもとに我が国大学における教育後援会の現況をまとめたものです。

大川 一毅「保護者を主たる構成員とする「大学教育後援会」の役割と可能性−全国アンケート調査の実施結果もふまえて−」日本教育学会第79回大会・講演要旨(PDF:201KB) ・令和2年5月の全国調査結果の結果速報を行いました。

大川一毅・大野賢一・嶌田敏行 「実施状況調査から把握する全学卒業生組織による母校・在学生支援」広島大学 高等教育研究開発センター『大学論集』第50集,113−128.(2018年3月)
・H29.3実施のアンケート調査結果をまとめさせていただいたものです。

大川一毅 「大学における全学同窓会組織の目的と機能 : 母校支援に関わる自覚的責務とその背景」岩手大学人文社会科学部 『アルテスリベラレス』,第99号,145-164.(2016年12月)
・全学同窓会の目的と全体的な特徴について、webサイト分析の結果を中心にまとめたものです。

大川一毅・嶌田敏行・山下泰弘・西出順郎 「日本の大学における卒業生サービスの現況と課題 ― 全国大学アンケートとヒアリング調査の結果をふまえて ―」広島大学 高等教育研究開発センター『大学論集』第47集,185−200.(2015年3月)
・前回(H25.3実施)のアンケート調査結果(全4年制大学対象)をまとめさせていただいたものです。

西出順郎・嶌田敏行・山下泰弘・大川一毅 「卒業生事業の概念モデルに関する探索的考察 : 地方国立大学モデルを想定して」琉球大学大学評価センター・ジャーナル『大学探求』第5号,25-35.(2014年3月)
・卒業生事業について2つのモデル化を行った論文です。

山下泰弘・大川一毅・西出順郎・嶌田敏行 「計画及び業務実績から見た卒業生事業の現状:大学特性に照らした分析−」筑波大学大学研究センター『大学研究』第40号,35−49.(2014年3月)
・国立大学の中期目標・計画と卒業生事業との関係を分析した論文です。

大川一毅・西出順郎・山下泰弘 「国立大学における「卒業生サービス」の現況と課題」広島大学 高等教育研究開発センター『大学論集』第43集,319−336.(2012年3月)
・前々回(H22.3実施)の調査結果(国立大学のみ対象)をまとめさせていただいたものです。


○ お問い合わせ
・アンケートの内容に関すること、および提出先
〒020-8550 盛岡市上田3-18-8 岩手大学 評価室  大川 一毅(おおかわ かずき)
TEL : 019-621-6018(大川直通)  E-mail : kazuki55@iwate-u.ac.jp

・アンケートの様式に関すること・ファイルに関すること
鳥取大学 学長室IRセクション 学長特別補佐(IR担当)大野 賢一(おおの けんいち)
TEL : 0857-31-5706 (内線: 2685)  E-mail :ohno@tottori-u.ac.jp

茨城大学 全学教育機構 総合教育企画部門 嶌田 敏行(しまだ としゆき)
TEL : 029-228-8252(AP事業室)  E-mail : toshiyuki.shimada.ir@vc.ibaraki.ac.jp

こちらの共通メールアドレスにお送りいただくこともできます。
dousou2017@ml.ibaraki.ac.jp