活動成果報告 大学評価担当者集会2013
  [メニューを隠す
 [ホームページにもどる] 現在の会員数: 368 機関 1190 名 (2020年9月28日現在)
コンソーシアムについて
活動成果報告
[大学評価担当者集会]
  第1回(H19.9.14)
  第2回(H20.9.5)
  第3回(H21.9.11)
  第4回(H22.8.26-27)
  第5回(H23.9.15-16)
  第6回(H24.9.6-7)
  第7回(H25.8.22-23)
 → 1:評価とIR:活用編
■■2:評価初心者向け
■■3:評価可能性step3
■■4:学生調査・入門編
■■シンポジウム(資料)#
■■シンポジウム(報告書)#
■■総会報告*
  第8回(H26.8.28-29)
  第9回(H27.8.27-28)
  第10回(H28.8.25-26)
  第11回(H29.8.23-25)
  第12回(H30.8.22-24)
  第13回(R1.8.22-23)

[継続的改善IR/IEセミナー]*
  第1回(H29.1.19-20)
  第2回(H29.7.20-21)
  第3回(H30.3.2)
  第4回(H31.3.8)

[勉強会・研修会]
  学校基本情報(H25.5.9)
  米国IR-BSU/NTC(H25.11.12)
  EA 1+2(H25.11.20)
  科研費データ(H26.6.6)
  グローバル化(H26.12.4)
  米国IR事情(H26.12.18)
  データ収集(H27.1.20)
  米国ウィノナ州立(H27.3.9)
  米国アセスメント(H27.11.17)
  計画立案意見交換(H27.12.2)
  研究力把握意見交換(H28.2.8)
  指標・実践講習(H30.11.2)

[IR実務担当者連絡会]
  H26-第0回(H26.10.7)
  H26-第1回(H27.1.20)
  H27-第1回(H27.8.3)
  H27-第2回(H27.10.16)
  H27-第3回(H28.1.8)
  H27-第4回(H28.2.23)
  H28-第1回(H28.8.8)
  H28-第2回(H28.10.21)
  H28-第3回(H28.12.13)
  H28-第4回(H29.2.27)
  H29-第1回(H29.5.19)
  H29-第2回(H29.7.14)
  H29-第2回(H29.10.27)
  九工大1(H30.3.2)
  九工大2(H30.8.24)
  九工大3(H30.8.24)
  九工大4(H30.8.24)
  三重大A(H30.11.2)
  三重大B(H30.11.2)
  九工大5(H31.3.8)
  九工大6(H31.3.8)
  九工大7(H31.3.8)
  九工大8(H31.3.8)
  宮崎大(R1.11.14)

[IR初級人材育成研修会]
  H28.11.29
 収集編  入門編
  H29.2.28
 初級[調査設計・分析]編
 入門[IR立上げ期]編

[大学評価研究会]
  H21.12.22開催(暫定)

[ベンチマーク研究会]
  研究会の概要

[旧webサイトの情報]
 2010年度の記事
 2011年度の記事
情報誌「大学評価とIR」
ガイドライン・用語集
関係機関
会員専用









    








↑ 前のページにもどる
○ 第一分科会「評価とIR:活用編」

日時:平成25年8月23日(金)10:00-16:00
会場:神戸大学 六甲台キャンパス 瀧川記念学術交流会館 大会議室
参加者:63名 [参加者について(PDF:245KB)]
10:00-11:50 講義編
10:00-10:25 趣旨説明・講義1(嶌田):「評価とIR:これまでとこれから」
 これまで、データの収集、データの分析(情報への変換)の議論を行ってきたので、 それらの成果について報告を行い、その上で、今年度は、評価活動やIR活動を実際の 改善(意思決定)に活かすためには、どのようにすればよいのかをみんなで考えていきましょう、 という分科会の主旨を説明しました。

趣旨説明・講義1(PDF:1.07MB)]  [スライドのみ(PDF:1.41MB)]
意思決定支援者のための能力・技術水準表(暫定版)(PDF:138KB)]

10:25-11:15 講義2(浅野・本田):「米国におけるIRによる意思決定支援と我が国での活用について」
 米国のIRが実際にどのように意思決定支援を行っているのか、という実例紹介と 整理を行った結果を報告した。さらに、「ゴミ箱モデル」を援用し、大学における 意思決定支援をどのようにすればよいのか考えるためのトピックを紹介した。

講義2(PDF:1.71MB)]  [スライドのみ(PDF509KB)]

11:25-11:55 質疑応答
 午後のグループ討議に向け、講義1、講義2で紹介されたトピックについて 質疑応答を行い、さらに深めて共有を図った。
 今回も質問紙を用いて、なるべくその場で回答することを心掛けたが、 対応しきれなかった質問・コメントについても回答を作成したので、 ご覧ください。

講義編に関する質疑応答(PDF:432KB)]

13:00-16:00 講義編
13:00-14:25 グループディスカッション







・今年も評価大学という架空の大学の目標、計画およびその評価結果(自己評価の記述と 根拠資料)を素材に使用しました。
・昨年は、自己評価の記述の問題点を指摘し、改善点を示唆するには、どのように 分析を行えばよいのか、という議論をしてもらいましたが、今年度は、さらに浮かび上がってきた 改善点をどのように実際の改善に活かせば良いのか、ということをテーマに議論していただきました。
・今年度も、各班が架空の大学の評価セクションという想定でグループ討議を行っていただくので、 なるべく多彩な陣容になるよう工夫しました。
・なお、各グループにおける司会、書記、まとめ役、報告者などの役回りについては、 特に指定はせず、各班の判断にお任せした。
グループ・ディスカッションについて](PDF:406KB)

<配布した資料>
実施概要と演習課題[PDF:161KB]
評価大学概要2012[PDF:556KB]
評価大学の目標・計画・終了評価(h25-0823)[PDF:342KB]








14:20-15:00 ポスターセッション



 グループで議論していただいた内容を、ポスターにまとめて貼りだしてもらいました。 他の班の方と、議論の成果について意見交換を行い、情報や認識の共有をしていただきました。






15:00-16:00 各班の討論内容報告(まとめ)





 まとめの時間では、1つの計画に対して1つの班の方に指摘事項などをご報告いただき、 同じ目標を扱った他の班の方には、コメントをしてもらいました。指摘やコメントは 具体的かつ建設的で、評価大学の部局担当者も、浮かび上がってきた課題を どのように改善に導くか、そのための支援を考えることが出来るようになったと思います。
 この下のファイルには、報告とポスター本体に加えて、当日の議論の内容を掲載してあります。







○ 第一分科会の成果[ガイドライン]
 本当の意味での第一分科会のまとめですが、事務局で各班の議論内容、指摘事項から、データや情報をどのように 改善の活かせばよいのかということについて20の着眼点をまとめています。

評価を改善に活かすためのガイドライン
-評価業務とIR業務を意思決定支援業務へ発展させるための留意点-
・大学評価担当者集会2013・第一分科会「評価とIR:活用編」において全国の評価担当者で 議論した評価を改善に活かすための着眼点について整理したものです。 [ダウンロード(PDF:309KB)]
(→ ほかのガイドライン等はこちらです)

○ アンケート結果
参加されたみなさまにお願いしましたアンケート結果はこちらからご覧ください。
第一分科会アンケート結果(PDF:226KB)]

○ PDF版報告書のダウンロード
今回の勉強会の成果はこちらからPDF版としてダウンロードいただけます。
大学評価担当者集会2013第一分科会報告書(PDF:4.28MB)]

◆ この分科会のプログラム構築については、以下の科学研究費補助金を使用しました。
平成24年度科学研究費補助金(学術研究助成基金助成金(基盤研究(C))) 「IRマインドを涵養する評価人材の育成プログラムの構築に関する研究」(課題番号:24530988、研究代表者:嶌田敏行)
平成25年度科学研究費補助金(学術研究助成基金助成金(挑戦的萌芽研究)) 「日本の大学経営におけるデータに裏付けされた意思決定支援の適応可能性に関する研究」 (課題番号:25590223、研究代表者:浅野茂)

○ 当日のスタッフ
淺野 昭人*(立命館大学 学生部 次長)、浅野 茂*(神戸大学 企画評価室 准教授)、佐藤 仁*(福岡大学 人文学部 准教授)、 嶌田 敏行*(茨城大学 評価室 助教)、末次 剛健志(佐賀大学 企画評価課 係長[IR主担当])、 藤井 都百(名古屋大学 評価企画室 講師)、本田 寛輔(メイン州立大学 アーガスタ校)

○ 当日、この分科会を担当した者以外の構築メンバー
小湊 卓夫*(九州大学 基幹教育院)、関 隆宏*(新潟大学企画戦略本部評価センター)、大野 賢一*(鳥取大学 大学評価室 准教授)、 小林 裕美*(大分大学 国際交流課)、難波 輝吉*(名城大学 薬学部・大学院薬学研究科事務室)

また、この分科会の実施、成果のとりまとめ、報告書作成にあたり、参加された56名、すべての方に感謝申し上げます。
[*は大学評価コンソーシアム幹事]

前のページにもどる

大学評価コンソーシアム [ R-3.1.3更新]
Japanese Consortium of Accreditation Coordinators for Higher Education, All Right Reserved. 2011-2015