活動成果報告
  [メニューを隠す
 [ホームページにもどる] 現在の会員数: 355 機関 1135 名 (2019年8月19日現在)
コンソーシアムについて
活動成果報告
[大学評価担当者集会]
  第1回(H19.9.14)
  第2回(H20.9.5)
  第3回(H21.9.11)
  第4回(H22.8.26-27)
  第5回(H23.9.15-16)
  第6回(H24.9.6-7)
  第7回(H25.8.22-23)
  第8回(H26.8.28-29)
  第9回(H27.8.27-28)
  第10回(H28.8.25-26)
  第11回(H29.8.23-25)
  第12回(H30.8.22-24)

[継続的改善IR/IEセミナー]*
  第1回(H29.1.19-20)
  第2回(H29.7.20-21)
→ 第3回(H30.3.2)
■■1:IR実務担当者
■■2:日本型IR
■■3:IR初級人材
  第4回(H31.3.8)

[勉強会・研修会]
  学校基本情報(H25.5.9)
  米国IR-BSU/NTC(H25.11.12)
  EA 1+2(H25.11.20)
  科研費データ(H26.6.6)
  グローバル化(H26.12.4)
  米国IR事情(H26.12.18)
  データ収集(H27.1.20)
  米国ウィノナ州立(H27.3.9)
  米国アセスメント(H27.11.17)
  計画立案意見交換(H27.12.2)
  研究力把握意見交換(H28.2.8)
  指標・実践講習(H30.11.2)

[IR実務担当者連絡会]
  H26-第0回(H26.10.7)
  H26-第1回(H27.1.20)
  H27-第1回(H27.8.3)
  H27-第2回(H27.10.16)
  H27-第3回(H28.1.8)
  H27-第4回(H28.2.23)
  H28-第1回(H28.8.8)
  H28-第2回(H28.10.21)
  H28-第3回(H28.12.13)
  H28-第4回(H29.2.27)
  H29-第1回(H29.5.19)
  H29-第2回(H29.7.14)
  H29-第2回(H29.10.27)
  九工大1(H30.3.2)
  九工大2(H30.8.24)
  九工大3(H30.8.24)
  九工大4(H30.8.24)
  三重大A(H30.11.2)
  三重大B(H30.11.2)
  九工大5(H31.3.8)
  九工大6(H31.3.8)
  九工大7(H31.3.8)
  九工大8(H31.3.8)

[IR初級人材育成研修会]
  H28.11.29
 収集編  入門編
  H29.2.28
 初級[調査設計・分析]編
 入門[IR立上げ期]編

[大学評価研究会]
  H21.12.22開催(暫定)

[ベンチマーク研究会]
  研究会の概要

[旧webサイトの情報]
 2010年度の記事
 2011年度の記事
情報誌「大学評価とIR」
ガイドライン・用語集
関係機関
会員専用









    








※ファイルサイズが***のものは、作成中です。

主催:大学評価コンソーシアム
   国立大学法人九州工業大学
   九州大学基幹教育院 次世代型大学教育開発センター

継続的改善のためのIR/IEセミナー2018

平成30年3月2日(金) 9:30-16:30
九州工業大学 戸畑キャンパス MILAiSほか (北九州市戸畑区仙水町1-1)


継続的改善のためのIR/IEセミナー2018に係る実施概要(PDF:417KB)]
継続的改善のためのIR/IEセミナー2018全体に対するアンケート結果(PDF:325KB)]
すべてのセッション参加者について(PDF:247KB)]
 ※各セッションのアンケート結果はそれぞれのページをご覧ください。

○ このセミナーのコンセプト
・このセミナーは、高等教育機関にもとめられる継続的改善に向け、そのキーワードの1つになりつつある「質保証」の考え方や実践を学ぶ場、考える場として計画しています。
・どのように大学評価やIRなどの質改善に係る取組を高度化し、何を加えていけば質保証システムが設計、運用できるのか、ということを積み上げ、発信し、共有することも目的の1つです。
・これまで大学評価コンソーシアムが取り組んできたIR事例の共有・議論の場であったIR実務担当者連絡会、IR初級人材育成などのセミナーの集約化も図りました。
・現在、イベントの組み直しを行っているため、本来IR/IEセミナーは2日間開催が基本なのですが、今回は1日開催で行いました。

[セッション1] IR実務担当者セッション
・従来開催してきました「IR実務担当者連絡会」を今回は、セッションの1つとして設定しました。
・会員の皆様からIRや評価の現場での事例や課題を8件報告いただき、報告に基づいて参加者全員で議論し,自大学での取り組みに対するヒントを得るとともにIRの知見の共有を図りました。

【スタッフ】○浅野(山形大)、藤原(山形大)、◎山本(九工大)、土橋(神戸大)、齋藤(東北学院大)、荒木(淑徳大)、上畠(金沢大)

HTMLでご覧いただく(小さい写真付き)]

[セッション2] 日本型IRの課題とその解決に向けたセッション
・IRオフィスは立ち上げてみたものの、なかなか軌道に乗せることができない際の課題は何なのか、どうすれば解決できるのか、 ということについて、前半はIRの全国実態調査の結果、スタッフの7大学の状況を報告し、後半は持ち寄った課題についてグループで討議を行いました。

【スタッフ】 岡部(帯広畜産大)、○嶌田(茨城大)、末次(佐賀大)、白石(清泉女子大)、土橋(神戸大)、橋本(四天王寺大)、藤原(立命館大)、山本(明治大)、田中(宮崎大)

HTMLでご覧いただく(小さい写真付き)]

[セッション3] IR初級人材育成研修セッション(初級者向け)
・IR担当者は、データ分析を行うだけでなく、依頼者の問いに応じてその結果を分かりやすく示すとともに、意思決定に繋がるような情報提供(レポート)が求められます。
・本セッションでは、IR担当者(初級)がデータ分析や活用を行う際の注意点や課題、具体的な方法等について、講義や演習を通じて学んでいただきました。

【スタッフ】 大野(鳥取大)、○小湊(九州大)、関(新潟大)、藤井(九州大)

HTMLでご覧いただく(小さい写真付き)]

◆ この勉強会の開催は、教育関係共同利用拠点 次世代型教育開発拠点(九州大学 基幹教育院 次世代型教育開発センター) の資金援助を受けています
◆ また、以下の科学研究費補助金を用いました。
・平成27年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)基盤研究(B) 「大学の評価・IR機能の高度化のための実践知の収集・分析とその活用に 関する研究」 (課題番号:15H03469、研究代表者:嶌田敏行)


大学評価コンソーシアム [ R1.5.8更新]
Japanese Consortium of Accreditation Coordinators for Higher Education, All Right Reserved. 2011-2019