催し物のご案内
  [メニューを隠す
 [ホームページにもどる] 現在の会員数: 359 機関 1156 名 (2019年11月21日現在)
コンソーシアムについて
活動成果報告
情報誌「大学評価とIR」
ガイドライン・用語集
関係機関
会員専用









    








【セッション1-4満席】 継続的改善のためのIR/IEセミナー(九州工業大学)

継続的改善のためのIR/IEセミナーですが、
以下のとおり開催いたします。
詳細はこちらのファイル(PDF:412KB)をご覧ください。
http://iir.ibaraki.ac.jp/jcache/documents/2019/h31-0308_irie_seminar_2019.pdf

継続的改善のためのIR/IEセミナーの
プログラムをお知らせします。

添付ファイルをご覧ください。

主催:大学評価コンソーシアム、国立大学法人九州工業大学

期間・日時:
平成31年(2019年)3月8日(金)10:00~16:00
※2月4日(月)13時から申し込み開始。

会場:
九州工業大学 戸畑キャンパス
(北九州市戸畑区仙水町1?1)

[セッション1]午前
科研費データを元にしたネットワーク解析による研究者の可視化
田中秀典(宮崎大学)

佐賀大学版IRの高度化に向けた取組
末次剛健志(佐賀大学)

データマネジメントとIRデータ統合化の状況
丸山研二(久留米工業大学)


[セッション2]午前
アセスメント・ポリシーを運用している大学への訪問調査結果について(中間報告)
橋本智也(四天王寺大)

習熟度別クラス編成における成績評価の分析
西出崇(京都外国語大学)

学生の語彙力をどう測るか
白石哲也(山形大学)、浅野茂(山形大学)、鈴木達哉(山形大学)、藤原宏司(山形大学)


[セッション3]午後
THE世界大学ランキング日本版の分析に基づく自己点検・評価の試み
高橋望(琉球大学)

IR部署における業務内容の効率的な共有の仕組みについて
鈴木達哉(山形大)

IR研修講師としての実践報告
-どの層のIR担当者にどんな研修内容が響くのか-
上畠洋佑(愛媛大学)


[セッション4]午後
教育効果の可視化とGPAについて
藤原宏司(山形大学)、浅野茂(山形大学)、岡部康成(帯広畜産大学)、白石哲也(山形大学)、田中秀典(宮崎大学)、山本幸一(明治大学)

データ整形・加工ツール「Tableau Prep」の利活用について
相生芳晴(学校法人上智学院)


1および2 10:00~12:30
3および4 13:30~16:00

※1と4、2と3という組み合わせも可能です。


[セッション5]
国立大学法人評価情報交換セッション
・国立大学法人評価に向けた実務担当者レベルの
情報交換を行います。


2月4日(月)13時から大学評価コンソーシアムwebサイト
にて申し込み開始です。
左側の「会員専用」からお申し込みください。



問い合わせ先
運用スタッフ用メーリングリストにお願いします。
acc2018@ml.ibaraki.ac.jp

以下の、問い合わせ先でも対応可能です。
[内容に関すること]
茨城大学 全学教育機構 嶌田 敏行
toshiyuki.shimada.ir@vc.ibaraki.ac.jp
電話:029-228-8530

[会場に関すること]
九州工業大学 インスティテューショナル・リサーチ室 山本 鉱
yamamoto-k@office.kyutech.ac.jp
電話:093-884-3516

[茨城大学 嶌田敏行]


大学評価コンソーシアム [ R1.9.3更新]
Japanese Consortium of Accreditation Coordinators for Higher Education, All Right Reserved. 2011-2019