活動成果報告
  [メニューを隠す
 [ホームページにもどる] 現在の会員数: 303 機関 990 名 (2018年11月17日現在)
コンソーシアムについて
活動成果報告
[大学評価担当者集会]
  第1回(H19.9.14)
  第2回(H20.9.5)
  第3回(H21.9.11)
  第4回(H22.8.26-27)
  第5回(H23.9.15-16)
  第6回(H24.9.6-7)
  第7回(H25.8.22-23)
  第8回(H26.8.28-29)
  第9回(H27.8.27-28)
  第10回(H28.8.25-26)
  第11回(H29.8.23-25)

別のウインドウ/タブが開きます
(*:当サイト内、#:当サイト外)

[継続的改善IR/IEセミナー]*
  2017a(H29.1)[明治大]
  2017b(H29.7)[九州大]
  2018(H30.3)[九工大]

[勉強会・研修会]
  学校基本情報(H25.5.9)
  米国IR-BSU/NTC(H25.11.12)
  EA 1+2(H25.11.20)
  科研費データ(H26.6.6)
  グローバル化(H26.12.4)
  米国IR事情(H26.12.18)
  データ収集(H27.1.20)
  米国ウィノナ州立(H27.3.9)
  米国アセスメント(H27.11.17)
計画立案意見交換(H27.12.2)
  研究力把握意見交換(H28.2.8)

[IR実務担当者連絡会]
  H26-第0回(H26.10.7)
  H26-第1回(H27.1.20)
  H27-第1回(H27.8.3)
  H27-第2回(H27.10.16)
  H27-第3回(H28.1.8)
  H27-第4回(H28.2.23)
  H28-第1回(H28.8.8)
  H28-第2回(H28.10.21)
  H28-第3回(H28.12.13)
  H28-第4回(H29.2.27)
  H29-第1回(H29.5.19)
  H29-第2回(H29.7.14)
  H29-第3回(H29.10.27)

[IR初級人材育成研修会]
  H28.11.29
 収集編  入門編
  H29.2.28
 初級[調査設計・分析]編
 入門[IR立上げ期]編

[大学評価研究会]
  H21.12.22開催(暫定)

[ベンチマーク研究会]
  研究会の概要
  研究会報告(2017)

[旧webサイトの情報]
 2010年度の記事
 2011年度の記事
情報誌「大学評価とIR」
ガイドライン・用語集
関係機関
会員専用









    









第三期中期目標・計画に関する実務担当者のための情報交換会

平成27年12月2日(水)13:00-16:23(17:00)
神戸大学 六甲台キャンパス 神戸大学百年記念館 会議室A・B・C
(神戸市灘区六甲台町1-1)

参加者:23名(スタッフ7名を含む)
※情報交換を目的とした会なので、報告書は原則的に作成しません。

13:00-13:20 趣旨説明
 国立大学では、第三期中期目標・計画の策定を行っている。これまで以上に指標や数値目標を採り入れた 計画策定に際し、第二期の反省も踏まえつつ、どのように計画・評価・IRの担当者として、策定作業を 支援するか、ということについて情報交換を計画した。また、私立大学からも計画策定や、運用担当者が 参加し、情報交換を行った。  
開催案内(PDF:129KB)]  [趣旨説明資料(PDF:2.81MB)] 

13:20-14:35 情報交換・ラウンド1
 各参加者は、5班に分かれて、中期目標・計画策定上の現状と課題について話し合いました。

・策定プロセスを活かした計画の具体化をどうするか:中心となる方がいて中期目標・計画の策定を 行ったなら、その方を中心に具体化した方がおそらくスムーズで、例えば、ボトムアップ型で 進めたなら、具体化もそのプロセスを踏襲した方がよい?
・どのように評価するか?:指標を設定しておいてモニタリングするだけでなく、 担当を割り当てておくことが重要。指標で説明できる計画になっているのかのチェックも必要。

14:35-14:50 休憩

14:50-16:15 情報交換・ラウンド2
 事前にどの大学と同じ班になるのかを示し、予習をした上で、情報交換に臨んでもらいました。

・リソース配分をどうするか:予算の裏打ちがない中でリソース配分は計画できない。 精緻に具体的な年次進行計画などを立てようとすれば、ある程度の資金計画は必要。 それがないので、どうしても計画が曖昧になる。ただ、大学が非営利なので、 あまりガチガチにリソースと計画が一致した事業計画は立てていないのでは無いか。
・相手のある計画はどうするか:必ずしも学内だけで解決するわけではない。 学外の方が絡む計画は、達成のためのプロセスが複雑になりがち。大学の努力が ストレートに計画の達成につながらないので。

16:18-16:21 まとめ
○結局どうすればよいのか:評価やIRの担当者の本務は現状把握。数量的にどうなっているのか、 定性的にどうなっているのか。それらを詳らかにしていくことで「みんなをその気にさせる」 ような情報をしかるべき方に提供できるのかどうかではないか。→ 現状を数字で示す。経年で 示す。他大学との比較。など

○アンケート
参加されたみなさまにお願いしましたアンケート結果はこちらからご覧ください。
アンケート結果(PDF:112KB)]

○ 報告書の作成予定はありません。
◆ この勉強会の開催には、以下の科学研究費補助金を用いました。
・平成27年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)基盤研究(B) 「大学の評価・IR機能の高度化のための実践知の収集・分析とその活用に 関する研究」 (課題番号:15H03469、研究代表者:嶌田敏行)
・平成25年度科学研究費補助金(学術研究助成基金助成金(基盤研究(C))) 「教学マネジメントにおける大学の有効性の研究」 (課題番号:25381083、研究代表者:小湊卓夫)
・平成25年度科学研究費補助金(学術研究助成基金助成金(挑戦的萌芽研究)) 「日本の大学経営におけるデータに裏付けされた意思決定支援の適応可能性に関する研究」 (課題番号:25590223、研究代表者:浅野茂)

○ 当日のスタッフ
浅野茂*(山形大)、大野賢一*(鳥取大)、小湊卓夫*(九州大)、嶌田敏行*(茨城大)、末次剛健志*(佐賀大)、 関隆宏*(新潟大)、土橋慶章*(神戸大)

勉強会の開催にあたり神戸大学様には、会場の提供などお世話になりました。
また、この連絡会の参加されたすべての方に感謝申し上げます。
[*は大学評価コンソーシアム幹事]

大学評価コンソーシアム [ H28.2.15更新]
Japanese Consortium of Accreditation Coordinators for Higher Education, All Right Reserved. 2011-2016