R2.10.16 [E1-3]大学評価・質保証セッション(大学評価と質保証に関する実践事例勉強会 )参加者アンケート結果

 問1 本セッション・分科会で得たものはありましたか(もっとも該当するもの1つ)。
有効
回答
15/18
 (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)無回
10
203811000
(1) 知識 (2) スキル
(3) 事例 (4) 考え方
(5) 心構え (6) 人脈
(7) 得たものはない (8) その他

 問2 ご自身の業務に活かせそうですか。
有効
回答
15/18
 (1)(2)(3)(4)(5)(6)無回
10
8340000
(1) 早速使いたい (2) 近いうちに使いたい
(3) 使えるかどうか検討したい (4) どちらとも言えない
(5) 使う予定・機会はない (6) 使えるものはない

 問3 【時間】本セッション・分科会について教えてください
有効
回答
15/18
 (1)(2)(3)(4)(5)無回
20
0011400
(1) 長い
(2) やや長い
(3) ちょうどよい
(4) やや短い
(5) 短い

 問4 【内容】本セッション・分科会について教えてください
有効
回答
15/18
 (1)(2)(3)(4)(5)無回
10
5100000
(1) 理解できた
(2) 概ね理解できた
(3) どちらとも言えない
(4) やや理解できなかった
(5) 理解できなかった

 問5 【満足度】本セッション・分科会について教えてください
有効
回答
15/18
 (1)(2)(3)(4)(5)無回
20
1140000
(1) 満足
(2) 概ね満足
(3) どちらとも言えない
(4) やや不満足
(5) 不満足

 問6 上記設問の満足度の回答理由についてお答えください。(かっこ内の数値は上の設問の回答)
自由記述の回答は12件でした。
(1) こちらから事前に提出した内容についてすべて扱っていただき、非常に参考になりました。 答えの出ない部分もありましたが、考え方を共有することができて良かったです。
(1) 事前に、運営事務局の先生が、同じようなカテゴリーで班分けしてくださいましたので、同じ土俵の内容の方々とお話しができました。とても勉強になりました。
(1) 今年の6月に自己点検・評価活動の業務についたばかりで、一から勉強させていただきたく参加させてもらったため、少人数のグループでゆっくり先生方のお話を聞かせていただいたのがよかったです。
(1) 他大学の事例や本学の取組について他大学の方がどのような感想を持つかを聞くことができた。
(1) 他大学の事例を伺うことで、本学の課題を解決するためのヒントを得ることができたため。
(1) 他大学の担当の方と情報交換できる貴重な機会でした。
(1) 全くの素人である自分にも理解できるように、ファシリテーターのお二人をはじめ琉球大学の高橋様もお話しいただいたためです
(1) 十分な意見交換ができた。
(1) 自大学の取組に応用できる事例の情報を収集できたため
(1) 認証評価受審前ということでいろいろ想像していた疑問などが、受信済みの参加者から直接ご経験をうかがえたことで氷解いたしました!
(2) ファシリテーターの先生より資料を共有いただけたため
(2) 他大学の事例が参考になった

 問7 あなたはオンライン形式のセミナーにおいて十分な学修ができましたか
(理解、質問のしやすさ、議論への参加、自主学修、対面セミナーとの比較等)[数字は理解度](かっこ内の数値は上の設問の回答)
自由記述の回答は12件でした。
(1) オンラインで十分である。
(1) グループの人数がちょうど良く、各大学さんのお話を十分に聞くことができました。 質問や発言もしやすく、満足する内容でした。 一方で、人脈面では対面の方が良いのかなと思いました。
(1) ファシリテーターの大野先生、髙田先生が議論を円滑に進めてくださったので、オンライン形式でも十分な学修ができました。ありがとうございます。一点、私の勉強不足によるものですが、画面共有ができなかったので、練習しておきます。
(1) ファシリテーターの適切な進行と出席者の積極的な参加により、十分に学修できた
(1) 今回は、ブレイクアウトルームの参加者がほぼ知り合いということで、非常に楽しい雰囲気で進めることができました。
(2) だいたいできた
(2) できたかと思います。 このセミナーでは、大野様がうまくリードしていただき、対面セミナーと同様(それ以上)の学修ができたかと思います。
(2) オンライン形式のセミナーでしたが、少人数のグループ討議ということもあり、一度に皆さんの顔が見れたので 対面のセミナーとかわらず参加できたように思います。
(2) 人数が少なかったため話しやすかった
(2) 個人的な意見でございますが、PCやソフトの実習形式のセミナーでございませんでしたので、少人数制の会話のセミナーは、Zoomでも、対面でもあまり変わらずに、効果の高い学習ができたと感じております。 千葉の大学ですが、福岡大学様の統合データシステムのご事例がとても勉強になりましたので、もし仮に近隣でございましたら、ご見学させていただきたかったですが、自分の大学からは遠方でございましたので、いつかの機会にセミナー等でご講演の機会がございましたら、ぜひ参加させていただければと思っております。
(2) 参加しやすさは格段に良い。質問等もしやすい。 名刺交換等の機会がないのが残念。
(2) 通信環境のせいで音声が途切れることがあったが、全体としては対面と比べてそん色なく議論できたと感じた。旅費が不要であることを含めるとオンライン形式の開催は大変ありがたい。

 問8 イベントやセッションについてご感想・ご意見等がありましたらお書きください(かっこ内の数値は上の設問の回答)
自由記述の回答は9件でした。
(1) いつも貴重な機会を提供していただきありがとうございます。 本勉強会にてファシリテーターの先生方からいただいたご助言をもとに、認証評価対応のみならず本質的な改善を行っていきたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願い致します。
(1) 今年度、初めて実務担当者セッションでの発表を申し込もうと思っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。
(1) 今後、NIADへの事前相談等に伺う大学もあると思いますが、その際の指示等についての情報共有を期待します
(1) 今後とも、いろいろな情報を提供してください。
(1) 他大学さんの状況や取り組みを知ることができとても参考になりました。自大学の現状を理解し進めていきたいと思いました。また、セミナーの中で鳥取大学の大野様が資料を提供してくださるとのお話がありましたが、私が大野様のご連絡先をお伺いしそびれてしまいました。大野様のご連絡先をいただくことは可能でしょうか。 ご検討いただけますと幸いです。 本日はありがとうございました。
(1) 参加をさせていただきありがとうございました。 異動をしてきて実務はやってきたのですが、今回お話を聞かせていただいたテーマ等わからなかったことが多く、勉強させていただきありがとうございました。
(1) 1グループの参加人数が少なかったので議論に参加しやすく、良かったと思う。
(2) グループディスカッションのときにはビデオをオンにしたほうがよいのではないかと思った。
(2) 企画いただきありがとうございました。

 問9 ご所属(任意回答)
有効
回答
15/18
 (1)(2)(3)(4)無回
20
401100
(1) 国立大学
(2) 公立大学
(3) 私立大学
(4) その他関係機関

csvファイルダウンロード
このウインドウを閉じる

全学教育機構 総合教育企画部門
Department of Assessment and Planning for Higher Education, Ibaraki Univ., 2018.