R2.11.5 [R2]IR実務担当者セッション(講義編・実践編(追加分) )参加者アンケート結果

 問1 本セッションで得たものはありましたか(もっとも該当するもの1つ)。[オンデマンド教材による学修と9/30のグループワーク]
有効
回答
16/16
 (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)無回
10
203821000
(1) 知識 (2) スキル
(3) 事例 (4) 考え方
(5) 心構え (6) 人脈
(7) 得たものはない (8) その他

 問2 ご自身の業務に活かせそうですか。
有効
回答
16/16
 (1)(2)(3)(4)(5)(6)無回
10
5740000
(1) 早速使いたい (2) 近いうちに使いたい
(3) 使えるかどうか検討したい (4) どちらとも言えない
(5) 使う予定・機会はない (6) 使えるものはない

 問3 オンデマンド教材について、十分な学修ができましたか。
有効
回答
16/16
 (1)(2)(3)(4)(5)無回
10
6100000
(1) 十分な学修ができた
(2) 概ね学修ができた
(3) どちらとも言えない
(4) あまり十分な学修ができなかった
(5) 十分な学修ができなかった

 問4 オンデマンド教材に関するご意見(上記設問の判断理由等)を教えてください。(かっこ内の数値は上の設問の回答)
自由記述の回答は12件でした。
(1) 体系的に知識が整理されていて,今後も業務上手元に置いておきたい資料だった。
(1) 大学評価の目的の説明等を通して,大学をより良くしていくための活動であるということを心構えとして, 評価自体が目的になってしまっていないか,など意識して取り組もうという気付きになったため.
(1) 学内の評価担当引き継ぎ資料としても使用したい、簡潔にまとまったいい資料だと思いました。ありがとうございます。
(1) 評価業務の全体像が分かり非常によい教材でした。
(2) とても分かりやすい資料でした。今後も活用させていただきたいと思います。
(2) 分かりやすい内容で大変良かったです。
(2) 対面と遜色ないと感じたから
(2) 教材も適切で、質問にも大変丁寧にご回答いただき、ありがたかったです。
(2) 知識がほぼない状態でしたが、他大学などの状況も知ることができて良かったと思います。
(2) 評価担当者としての考え方や認証評価などに対する基礎知識を学ぶことができた。
(2) 認証評価受審後に本研修会に参加させていただきましたが、講義編3の目標・計画に基づく評価の概要については、「目標・計画」について考え方が整理できる内容でした。参考になりました。ありがとうございました。
(2) 講義の途中に振り返り(復習問題)があったのがよかったです。スライドでは、重要ポイントが少し分かりにくかったので、復習問題でポイントを理解できた気がします。また、一つ一つの講義がいい長さだったため、業務の間に受けやすかったです。

 問5 【時間】本セッションについて教えてください(グループワーク)
有効
回答
16/16
 (1)(2)(3)(4)(5)無回
10
0310201
(1) 長い
(2) やや長い
(3) ちょうどよい
(4) やや短い
(5) 短い

 問6 【内容】本セッションについて教えてください[オンデマンド教材による学修と11/25のグループワーク]
有効
回答
16/16
 (1)(2)(3)(4)(5)無回
10
4102000
(1) 理解できた
(2) 概ね理解できた
(3) どちらとも言えない
(4) やや理解できなかった
(5) 理解できなかった

 問7 【満足度】本セッションについて教えてください[オンデマンド教材による学修と11/25のグループワーク]
有効
回答
16/16
 (1)(2)(3)(4)(5)無回
10
591100
(1) 満足
(2) 概ね満足
(3) どちらとも言えない
(4) やや不満足
(5) 不満足

 問8 上記設問の満足度の回答理由についてお答えください。(かっこ内の数値は上の設問の回答)
自由記述の回答は14件でした。
(1) グループセッションでは、具体的なアドバイスもいただけた。教員を中心とする将来計画について、URAからどこまで口出しできるかと悩んでいましたが、道筋が見えてきたような気がします。IRの取り組みについても、明後日、IR課との打ち合わせでURAの視点でどんなIR情報が必要かなどを意見する予定ですが、今日のセッションで自分の意見も明確化することができました。ありがとうございました。
(1) ファシリテーターの方のお話もわかりやすく、皆さんとの情報交換ができてよかったです。
(1) 事前学習があったうえで、本日のグループディスカッションがあってよかった。IRで集めたコンテンツをもとに議論するなど、評価までの過程を大切にすることを学んだ。
(1) 事前質問に対する回答と説明、グループワークのグループ分けと進行、最後のまとめと全てがスムーズで、参加できて大変良かったと感じています。他大学の方のお話を聞くことで確認できたこと、取り入れたいこともありましたので、評価サイクルの見直しや企画の際に参考にさせていただきます。
(1) 大変勉強になりました。グループワークでは評価を長年担当している先生方に自分の身近な悩みを相談できてとてもよかったです。
(2) これからきちんと活かしていきたい。
(2) グループワークが良かった。
(2) グループワークではどのようなことをやるのか身構えていたが、実際には各参加者の内情や悩みを共有し、それについて発言していくものだったので気が楽でした。
(2) 人脈ができそうだから
(2) 他のグループや個人的なお話も聞きたかったです。
(2) 他大学の事例等を伺うことができたため。
(2) 講義やディスカッションで,目標に対してどのような計画を立てるかのイメージは何となくついたが,実践する演習のような機会があれば尚良いと感じたため.
(3) 他大学の課題も知ることが出来ましたが、具体的な評価書の中身をもう少し知りたかったためです。
(4) 参加者の発言機会が少なかったので,他大学の事例等があまり聞けなかったのが残念です。

 問9 あなたはオンライン形式のセミナーにおいて十分な学修ができましたか
(理解、質問のしやすさ、議論への参加、自主学修、対面セミナーとの比較等)[数字は理解度](かっこ内の数値は上の設問の回答)
自由記述の回答は14件でした。
(1) 今回はコロナの影響で無理だったが、対面での模擬評価活動も体験してみたかった。
(1) 対面セミナーと変わりなくご意見を聞くことができましたので、全く問題なく、むしろ対面よりも参加しやすいと感じました。事前学習の資料も参考にさせていただきます。ありがとうございました。
(1) 自主学習は、最初、パワポだけを見て学習としようとしていましたが、やはり、説明付きのビデオを視聴し、対面と同じようにメモを取るようにしたところ、理解が深まりました。
(1) 自学の取り組みなどを例に議論へ参加できればよかったのだが, 配属されてまだ2か月で取り組みの把握を行い切れていなかったため,十分に議論へ参加できなかった.
(2) やはり実際に対面でやるよりは十分な学修とは言い難いところがあるが、オンラインでやる上では十分な学修であると考える。
(2) オンラインでも学修できたと思います。オンラインの方が参加しやすい一方、対面でのよさもあるので、なんとも言えません。
(2) 十分できたと思います
(2) 学修できた
(2) 対面と変わりなく議論や理解ができたと思います。 オンデマンド教材はわからないところを聞きなおしたり、業務の合間に学べたりしてとても便利でした。 一方で、グループワーク等は他大学の方と会って顔をつないだりすることも一つの利点と思われますので、COVID-19が収まったら対面でのセミナーもしていただけたら大変ありがたいと思います。
(2) 少人数でのセッションにはファシリテーターが付いてくださり、質問以上になる回答をいただきました。座席の位置によっては対面では距離がある場合もあり、むしろ対面よりも話しやすいように感じました。
(2) 良かったと思います。
(2) 評価に関するセミナーは初めて参加しましたが、理解しやすかったです。
(3) 参加者の発言から気づくことが多いのがウェビナーの強みだと思うので,発言を回していただいたほうがよかったのではないかと思います。
(3) 知識がほぼない状態でしたので、わからない事が出てきたのは良かったと思います。

 問10 イベントやセッションについてご感想・ご意見等がありましたらお書きください(かっこ内の数値は上の設問の回答)
自由記述の回答は10件でした。
(1) このような講座が大学にいながら受講できるよう開催いただきありがとうございました。
(1) また機会を見つけて参加したいです。今後ともよろしくお願いします。
(1) 最初、質問する側が、3人で時間が余るのではないかと思いましたが、ファシリテーターのご意見が本当に参考になり、時間的には良かったです。
(1) 遠方への出張ですとなかなか参加がしにくいのですが、今回はオンラインで受講できたことがありがたかったです。ありがとうございました。
(2) より具体的な例を用いて、中期目標・計画や自己評価の悪い例や、いい例などを実際に取り上げたらより理解が深まるのではないかと感じましたら。
(2) グループセッションをもう1回別のグループで行う時間がほしかったです。
(2) スタッフの先生方が丁寧に向き合ってくださるので、本当に素晴らしいコンソーシアムと思っています。ご負担は大きいでしょうが、これからも多くの場を提供いただけると嬉しいです。
(2) 普段の研修会では、実際に評価作業ををやるということでしたので、ディスカッションの他にも共同で作業があったらいいなと思いました。
(2) 本日はありがとうございました.
(4) 非常に有意義な研修会だったと思います。 自己の業務の関係で質保証システム部会の傍聴も行う必要があったため,実践編の日程が重なってしまったのが若干残念ではありました。

 問11 ご所属(任意回答)
有効
回答
16/16
 (1)(2)(3)(4)無回
10
100510
(1) 国立大学
(2) 公立大学
(3) 私立大学
(4) その他関係機関

csvファイルダウンロード
このウインドウを閉じる

全学教育機構 総合教育企画部門
Department of Assessment and Planning for Higher Education, Ibaraki Univ., 2018.