活動成果報告 大学評価担当者集会2011
  [メニューを隠す
 [ホームページにもどる] 現在の会員数: 395 機関 1299 名 (2021年9月16日現在)
コンソーシアムについて
活動成果報告
[大学評価担当者集会]
  第1回(H19.9.14)
  第2回(H20.9.5)
  第3回(H21.9.11)
  第4回(H22.8.26-27)
  第5回(H23.9.15-16)
 → 勉強会:Is This IR ?
■■1:評価とIR:収集編
■■2:評価初心者
■■3:ITスキル
  第6回(H24.9.6-7)
  第7回(H25.8.22-23)
  第8回(H26.8.28-29)
  第9回(H27.8.27-28)
  第10回(H28.8.25-26)
  第11回(H29.8.23-25)
  第12回(H30.8.22-24)
  第13回(R1.8.22-23)
  第14回(R2.9.7-11.25)
  第15回(R3.8.24)

[継続的改善IR/IEセミナー]*
  第1回(H29.1.19-20)
  第2回(H29.7.20-21)
  第3回(H30.3.2)
  第4回(H31.3.8)
  第5回[九州大学](R2.1.24)
  第6回(R3.2-3)

[勉強会・研修会]
  学校基本情報(H25.5.9)
  米国IR-BSU/NTC(H25.11.12)
  EA 1+2(H25.11.20)
  科研費データ(H26.6.6)
  グローバル化(H26.12.4)
  米国IR事情(H26.12.18)
  データ収集(H27.1.20)
  米国ウィノナ州立(H27.3.9)
  米国アセスメント(H27.11.17)
  計画立案意見交換(H27.12.2)
  研究力把握意見交換(H28.2.8)
  指標・実践講習(H30.11.2)

[IR実務担当者連絡会]
  H26-第0回(H26.10.7)
  H26-第1回(H27.1.20)
  H27-第1回(H27.8.3)
  H27-第2回(H27.10.16)
  H27-第3回(H28.1.8)
  H27-第4回(H28.2.23)
  H28-第1回(H28.8.8)
  H28-第2回(H28.10.21)
  H28-第3回(H28.12.13)
  H28-第4回(H29.2.27)
  H29-第1回(H29.5.19)
  H29-第2回(H29.7.14)
  H29-第2回(H29.10.27)
  九工大1(H30.3.2)
  九工大2(H30.8.24)
  九工大3(H30.8.24)
  九工大4(H30.8.24)
  三重大A(H30.11.2)
  三重大B(H30.11.2)
  九工大5(H31.3.8)
  九工大6(H31.3.8)
  九工大7(H31.3.8)
  九工大8(H31.3.8)
  宮崎大(R1.11.14)

[IR初級人材育成研修会]
  H28.11.29
 収集編  入門編
  H29.2.28
 初級[調査設計・分析]編
 入門[IR立上げ期]編

[大学評価研究会]
  H21.12.22開催(暫定)

[ベンチマーク研究会]
  研究会の概要

[旧webサイトの情報]
 2010年度の記事
 2011年度の記事
情報誌「大学評価とIR」
教材開発
ガイドライン・用語集
関係機関
会員専用









    








↑ 前のページにもどる
○プレイベント「勉強会:Is This IR ?」

日時:平成23年9月15日(木)13:30~17:15
会場:九州大学箱崎キャンパス 理系地区21 世紀交流プラザI 1 階会議室
参加者:46名

13:30~13:35 挨拶
 米国のIRの実際を知り、我々がIRを日本でどう使うか、というところまで議論が行えればよいのですが、今年は、日米の大学の置かれた状況の違いを整理するなど、少なくとも「現状認識」までは行いたい、と考えています。
 そのために、大学評価・学位授与機構IR研究会が翻訳した「IR実践ハンドブック-大学における意思決定支援-」の紹介に加え、実際、米国のIRを見てきた者が「日本とアメリカ、こんなに違う。たぶん、理由はこうだから。」ということなどを中心に報告させていただきます。
 それらの素材に対して、参加されている方全員に「質問票」をご記入いただきます。その質問票をもとに、モデレータと講演者全員が、その質問にお答えしながら、議論することで前述の目標を達成したい、と考えております。
 

13:35~14:25 講演第一部「AIRのハンドブックからみた米国のIRの実際」
ハンドブックからみたIRの概要と大学のマネジメント
(小湊卓夫 基幹教育院)
講演内容(PDF:800KB)]  [スライドのみ(PDF:249KB)]
米国のエンロールメントマネジメントとIRについて
(嶌田敏行 茨城大学評価室)
講演内容(PDF:768KB)]  [スライドのみ(PDF:967KB)]

14:35~15:25 講演第二部「米国の現場からみえてきたIRの実際」
「使えるIR」の基盤づくりに向けて -大学職員の目線から-
(難波輝吉 名城大学経営本部総合政策部)
講演内容(PDF:2.58MB)]  [スライド(PDF:2.71MB)]
これまでの大学評価担当者集会における米国IRの議論
(佐藤仁 福岡大学人文学部)
講演内容(PDF:1.68MB)]  [スライド(PDF:249KB)]

15:40~16:40 総合討論
・質問票による質疑応答を中心に、IRの日米の違いなどについて、理解を深めたいと思いましたが、 多数のご質問をいただき、その回答だけで、大半の時間を使ってしまいました。しかも、 お答えできなったご質問も多かったので、ここでは、お答えできなかったご質問を含め、 回答を掲載しておりますので、ご覧ください。(多数のご質問、本当にありがとうございました。)

小湊講演に関するもの(PDF:402KB)]
嶌田講演に関するもの(PDF:378KB)]
難波講演に関するもの(PDF:382KB)]
佐藤講演に関するもの(PDF:387KB)]
全体に関するもの(PDF:402KB)] 

 

16:45-17:15 情報交換会
 参加者のみなさんで名刺交換や、いろいろお話などをする時間とさせていただきました。
 総合討論の中でお答えできなかった質問に関しましては、この時間中に回答させていただきました。  参加されたみなさんと率直な意見交換をすることができました。いろいろありがとうございました。

○アンケート結果
参加されたみなさまにお願いしましたアンケート結果はこちらからご覧ください。
プレイベント・アンケート結果(PDF:192KB)]

○運営スタッフ
浅野 茂*(神戸大学 企画評価室 准教授:総合司会、進行管理)、大野 賢一(鳥取大学 大学評価室 准教授: 受付、記録)、小湊 卓夫(九州大学 基幹教育院 准教授:第一部講演、総合討論司会)、 佐藤仁*(福岡大学 人文学部 講師:第二部講演)、嶌田 敏行*(茨城大学 評価室 助教:第一部講演、全体調整)、 関 隆宏*(新潟大学 企画戦略本部評価センター 准教授:受付、進行補助)、難波輝吉*(名城大学 経営本部 総合政策部 課長:第二部講演) [*は大学評価コンソーシアム幹事]

前のページにもどる

大学評価コンソーシアム [ R3.1.2更新]
Japanese Consortium of Accreditation Coordinators for Higher Education, All Right Reserved. 2011-2021