活動成果報告 大学評価担当者集会2012
  [メニューを隠す
 [ホームページにもどる] 現在の会員数: 395 機関 1299 名 (2021年9月27日現在)
コンソーシアムについて
活動成果報告
[大学評価担当者集会]
  第1回(H19.9.14)
  第2回(H20.9.5)
  第3回(H21.9.11)
  第4回(H22.8.26-27)
  第5回(H23.9.15-16)
  第6回(H24.9.6-7)
■■1:評価とIR:分析編
■■2:評価初心者向け
■■3:評価可能性step1+2
 → EMに関する勉強会
■■シンポジウム(報告書)#
■■総会報告*
  第7回(H25.8.22-23)
  第8回(H26.8.28-29)
  第9回(H27.8.27-28)
  第10回(H28.8.25-26)
  第11回(H29.8.23-25)
  第12回(H30.8.22-24)
  第13回(R1.8.22-23)
  第14回(R2.9.7-11.25)
  第15回(R3.8.24)

[継続的改善IR/IEセミナー]*
  第1回(H29.1.19-20)
  第2回(H29.7.20-21)
  第3回(H30.3.2)
  第4回(H31.3.8)
  第6回(R3.2-3)

[勉強会・研修会]
  学校基本情報(H25.5.9)
  米国IR-BSU/NTC(H25.11.12)
  EA 1+2(H25.11.20)
  科研費データ(H26.6.6)
  グローバル化(H26.12.4)
  米国IR事情(H26.12.18)
  データ収集(H27.1.20)
  米国ウィノナ州立(H27.3.9)
  米国アセスメント(H27.11.17)
  計画立案意見交換(H27.12.2)
  研究力把握意見交換(H28.2.8)
  指標・実践講習(H30.11.2)

[IR実務担当者連絡会]
  H26-第0回(H26.10.7)
  H26-第1回(H27.1.20)
  H27-第1回(H27.8.3)
  H27-第2回(H27.10.16)
  H27-第3回(H28.1.8)
  H27-第4回(H28.2.23)
  H28-第1回(H28.8.8)
  H28-第2回(H28.10.21)
  H28-第3回(H28.12.13)
  H28-第4回(H29.2.27)
  H29-第1回(H29.5.19)
  H29-第2回(H29.7.14)
  H29-第2回(H29.10.27)
  九工大1(H30.3.2)
  九工大2(H30.8.24)
  九工大3(H30.8.24)
  九工大4(H30.8.24)
  三重大A(H30.11.2)
  三重大B(H30.11.2)
  九工大5(H31.3.8)
  九工大6(H31.3.8)
  九工大7(H31.3.8)
  九工大8(H31.3.8)
  宮崎大(R1.11.14)

[IR初級人材育成研修会]
  H28.11.29
 収集編  入門編
  H29.2.28
 初級[調査設計・分析]編
 入門[IR立上げ期]編

[大学評価研究会]
  H21.12.22開催(暫定)

[ベンチマーク研究会]
  研究会の概要

[旧webサイトの情報]
 2010年度の記事
 2011年度の記事
情報誌「大学評価とIR」
教材開発
ガイドライン・用語集
関係機関
会員専用









    








↑ 前のページにもどる
○「エンロールメント・マネジメントに関する勉強会」

日時:平成24年9月7日(金)13:00~16:00
会場:神戸大学六甲台キャンパス 百年記念館 会議室A
参加者:46名

13:00~13:05 挨拶・講演者紹介
 昨年の勉強会に引き続き、今年度はエンロールメント・マネジメントについての 勉強会を開催させていただきました。
 冒頭、司会の浅野(神戸大)のほうから、簡単な勉強会の主旨と、 ご講演いただく方々のご紹介をさせていただきました。
 詳細な開催主旨については小湊(九州大)が、参加者については大野(大野)がまとめましたので、 そちらも併せてご覧ください。

勉強会の主旨(まえがき)(PDF:128KB)]
参加者について(PDF:243KB)]


13:05~14:15 講演の部
米国におけるエンロールメント・マネジメントについて[去年のおさらい/趣旨説明]
(嶌田敏行 茨城大学評価室)
講演内容(PDF:1.34MB)]  [スライドのみ(PDF:387KB)]
創価大学データ集積と活用の取り組み
(澤登 秀雄 創価大学入試事務室)
講演内容(PDF:679KB)]  [スライドのみ(PDF:1.23MB)]
「世界基準の授業」を目指して
-創価大学経済学部IPの取り組み-

(神立 孝一 創価大学 経済学部)
講演内容(PDF:1.56MB)]  [スライド(PDF:4.03MB)]
山形大学型EMコンセプトとEMIRへの挑戦
(福島 真司 山形大学エンロールメント・マネジメント部)
講演内容(PDF:2.86MB)]  [スライド(PDF:2.29MB)]


14:15~14:30 休憩・質問票回収


14:30~16:00 質疑応答および総合討論
 質問票による質疑応答を中心に、エンロールメント・マネジメントの実際について、 質疑応答を行いました。講演者の方々には、かなり具体的で、ノウハウに近いところまでを ご回答いただき、参加者の方も非常に満足されていました。
 多数のご質問、本当にありがとうございました。

全体に関するもの(PDF:309KB)]
澤登講演に関するもの(PDF:322KB)]
神立講演に関するもの(PDF:324KB)]
福島講演に関するもの(PDF:332KB)]

まとめに代えて(小湊)(PDF:87KB)] 

 

○アンケート結果
参加されたみなさまにお願いしましたアンケート結果はこちらからご覧ください。
勉強会アンケート結果(PDF:355KB)]

○PDF版報告書のダウンロード
今回の勉強会の成果はこちらからPDF版としてダウンロードいただけます。
「エンロールメント・マネジメントに関する勉強会」報告書(PDF:7.02MB)]

○講演者および運営スタッフ
淺野 昭人*(立命館大学:企画)、浅野 茂*(神戸大学:司会、進行管理、企画)、
大野 賢一*(鳥取大学:受付、企画、記録)、神立 孝一(創価大学 経済学部 学部長:講演、質疑応答)、
小林 裕美*(大分大学:受付、企画)、小湊 卓夫*(九州大学:質疑応答司会、企画)、
佐藤 仁*(福岡大学:受付、進行補助)、澤登 秀雄(創価大学 入試事務室(課長):講演、質疑応答)、
嶌田 敏行*(茨城大学:趣旨説明、企画[shimadat@mx.ibaraki.ac.jp])、
関 隆宏*(新潟大学:受付、進行補助)、難波 輝吉*(名城大学:企画)、
福島 真司(山形大学 エンロールメント・マネジメント部 教授:講演、質疑応答)、
本田 寛輔(ニューヨーク州立大学 Empire State College:企画)
 [*は大学評価コンソーシアム幹事(所属・職名は省略)]

前のページにもどる

大学評価コンソーシアム [ H24.11.15更新]
Japanese Consortium of Accreditation Coordinators for Higher Education, All Right Reserved. 2011-2012