活動成果報告 大学評価担当者集会2016
  [メニューを隠す
 [ホームページにもどる] 現在の会員数: 384 機関 1275 名 (2021年6月22日現在)
コンソーシアムについて
活動成果報告
[大学評価担当者集会]
  第1回(H19.9.14)
  第2回(H20.9.5)
  第3回(H21.9.11)
  第4回(H22.8.26-27)
  第5回(H23.9.15-16)
  第6回(H24.9.6-7)
  第7回(H25.8.22-23)
  第8回(H26.8.28-29)
  第9回(H27.8.27-28)
  第10回(H28.8.25-26)
 → P:調査設計
■■全体会(勉強会)
■■評価・IR実践S
■■評価初心者S
■■総会報告*
  第11回(H29.8.23-25)
  第12回(H30.8.22-24)
  第13回(R1.8.22-23)
  第14回(R2.9.7-11.25)

[継続的改善IR/IEセミナー]*
  第1回(H29.1.19-20)
  第2回(H29.7.20-21)
  第3回(H30.3.2)
  第4回(H31.3.8)

[勉強会・研修会]
  学校基本情報(H25.5.9)
  米国IR-BSU/NTC(H25.11.12)
  EA 1+2(H25.11.20)
  科研費データ(H26.6.6)
  グローバル化(H26.12.4)
  米国IR事情(H26.12.18)
  データ収集(H27.1.20)
  米国ウィノナ州立(H27.3.9)
  米国アセスメント(H27.11.17)
  計画立案意見交換(H27.12.2)
  研究力把握意見交換(H28.2.8)
  指標・実践講習(H30.11.2)

[IR実務担当者連絡会]
  H26-第0回(H26.10.7)
  H26-第1回(H27.1.20)
  H27-第1回(H27.8.3)
  H27-第2回(H27.10.16)
  H27-第3回(H28.1.8)
  H27-第4回(H28.2.23)
  H28-第1回(H28.8.8)
  H28-第2回(H28.10.21)
  H28-第3回(H28.12.13)
  H28-第4回(H29.2.27)
  H29-第1回(H29.5.19)
  H29-第2回(H29.7.14)
  H29-第2回(H29.10.27)
  九工大1(H30.3.2)
  九工大2(H30.8.24)
  九工大3(H30.8.24)
  九工大4(H30.8.24)
  三重大A(H30.11.2)
  三重大B(H30.11.2)
  九工大5(H31.3.8)
  九工大6(H31.3.8)
  九工大7(H31.3.8)
  九工大8(H31.3.8)
  宮崎大(R1.11.14)

[IR初級人材育成研修会]
  H28.11.29
 収集編  入門編
  H29.2.28
 初級[調査設計・分析]編
 入門[IR立上げ期]編

[大学評価研究会]
  H21.12.22開催(暫定)

[ベンチマーク研究会]
  研究会の概要

[旧webサイトの情報]
 2010年度の記事
 2011年度の記事
情報誌「大学評価とIR」
教材開発
ガイドライン・用語集
関係機関
会員専用









    








↑ 前のページにもどる
※全体的に編集中です。また、ファイルサイズが***のものは、作成中です。

○ プレイベント
評価担当者やIR担当者に求められる調査設計の基礎と基本
~立命館大学における学生の学びの実態調査の実践を通じて:担当者の疑問に答えます~


日時:平成28年8月25日(木)10:00-12:00
会場:立命館大学 大阪いばらきキャンパス A棟南ウイング レクチャールームAS368
参加者:42名(スタッフ7名を含む)[参加者について(PDF:185KB)]


趣旨説明 (10:00-10:03)
司会:山形大学 学術研究院 教授 浅野 茂

 司会の方から講師の先生方のご紹介を行い、プレイベントの進め方(講義→質問・感想票記入→質疑応答)について説明を行った。
 質問時間帯は、講演者2名が全ての質問の回答をおこなうことなどを説明した。
実施概要(PDF:104KB)] 

講義 (10:03-11:00)
鳥居朋子先生(立命館大学 教育開発推進機構 教授)
川那部隆司先生(立命館大学 教育開発推進機構 准教授)

 評価担当者については評価書に記載するエビデンスや根拠資料の収集、IR担当者については学内の課題を浮き彫りにするための各種データの収集と分析が求められています。
 こうした要求に応えていくためのヒントを、講師である鳥居先生と川那部先生にご教示いただくため、これまで両先生が学生調査などの調査設計や分析を通じて蓄積されてきた「活きたノウハウ」について調査・研究成果と絡めながら解説いただきました。
 参加者には事前学習教材(論文2編)を読んできてもらいました。それを前提にややコンパクトな講義を受けていただき、全員に質問・感想票を記入してもらいました。講師のお二人には、時間内に全ての質問に回答していただきました)。

講演+スライド(PDF:1.43MB)]


事前学習課題

鳥居朋子(2015)「立命館大学における教学IRの開発の現状と展望?IRプロジェクトの歩みとリサーチ・クエスチョンを通して?」,『立命館高等教育研究』,15,37-53.
ダウンロードURL:http://www.ritsumei.ac.jp/acd/ac/itl/outline/kiyo/kiyo15/03_torii.pdf(立命館大学様のwebサイトのファイルを参照しています。)
川那部隆司・笠原健一・鳥居朋子(2013)「教学IRにおける学生調査の手法開発―量的アプローチと質的アプローチを併用した学業成績変化過程の検討―」,『立命館高等教育研究』13,61-74.
ダウンロードURL:http://r-cube.ritsumei.ac.jp/handle/10367/4670(立命館大学様のwebサイトに移動します)

(質問票記入 11:00-11:13)
 講義を聞いたうえで疑問点や感想コメントなどを質問票・感想票に記入してもらいました。

質疑応答 (11:13-12:10)
 講演者のお二人には、全ての質問に回答していただきました。

質疑応答(PDF:345KB)]

○ アンケート結果
参加されたみなさまにお願いしましたアンケート結果はこちらからご覧ください。
プレイベント2アンケート結果(PDF:***KB)]


○ PDF版報告書のダウンロード
今回の勉強会の成果はこちらからPDF版としてダウンロードいただけます。
大学評価担当者集会2016 プレイベント2報告書(PDF:***MB)]


このセッションの実施、成果のとりまとめ、報告書作成にあたり、参加されたすべての方に感謝申し上げます。


◆ この分科会のプログラム構築については、以下の科学研究費補助金を使用しました。
平成27年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)基盤研究(B) 「大学の評価・IR機能の高度化のための実践知の収集・分析とその活用に関する研究」 (課題番号:15H03469、研究代表者:嶌田敏行)

○ 当日のスタッフ
浅野 茂*(山形大学 学術研究院 教授)、 大野 賢一*(鳥取大学 大学評価室 准教授)、 小湊 卓夫*(九州大学 基幹教育院 准教授)、 佐藤 仁*(福岡大学 人文学部 准教授)、 土橋 慶章*(神戸大学 企画評価室 准教授)、 藤井 都百*(名古屋大学 評価企画室 講師)、 藤原 宏司(山形大学 学術研究院 教授)、 山本 幸一*(明治大学 教学企画部 評価情報事務室 副参事)
[*は大学評価コンソーシアム幹事/監査人]

前のページにもどる

大学評価コンソーシアム [ H29.11.25更新]
Japanese Consortium of Accreditation Coordinators for Higher Education, All Right Reserved. 2011-2017