お知らせ
  [メニューを隠す
 [ホームページにもどる] 現在の会員数: 395 機関 1299 名 (2021年9月19日現在)
コンソーシアムについて
活動成果報告
情報誌「大学評価とIR」
教材開発
ガイドライン・用語集
関係機関
会員専用









    








【無事終了しました】IR(評価)担当者の知識、技能の 実態調査を行っています(7/28まで)
 
 3年に1回実施しております、IR(評価)担当者の知識、技能の
実態調査へのご回答ありがとうございました。回答数は120件です。

 調査結果は、大学評価・IR担当者集会2021(8月24日開催)の
[ER]「IR担当者能力調査結果報告セッション」にてみなさんと
共有させていただきます(資料も合わせて配付させていただきます。)

お問い合わせは、以下のメールアドレスにお知らせください。
[ER]調査について
担当:嶌田(茨城大)、大野(鳥取大)

 acc2021@ml.ibaraki.ac.jp


よくあるご質問と回答:
Q:評価担当者なのですが、どのように回答すればよいですか。
A:IR担当者も評価担当者もやや業務のカバー範囲が異なる場合があるだけで、
大学の現状を把握し、改善に資するための業務をしているという点では
同じだと考えています。
 この調査は、IRに関する知識やスキル等の実態把握が目的のため、
IR担当者向けの設問(例示)が多くなっています。そのため、
「これは評価では一般的に扱わない」という設問については、
「該当しない(業務で必要になったことはない)」と回答いただくなど、
可能な範囲でお答えください。

Q:IRはあまりやっていないのだが回答できますか。
A:評価担当者の方と同様、IR業務を始めたばかりの方は、
「こんなことはやったことがない」という設問があります。その場合は、
「該当しない(業務で必要になったことはない)」と回答していただきつつ、
業務の幅が広いのだなあ、と思っていただければ幸いです。
なお、すべての知識・技能がパーフェクトにできる方は(たぶん)
いないと思います。例えば、私(嶌田)ですと、統計処理などは
(かなり)苦手です。

Q:途中で回答を中断することはできますか?
A:そのまま一番下までスクロールして、「回答する」ボタンを押してください。
回答期間中は何度でも追記、修正が可能です。
 また、長めの自由記述などを回答いただける方は、メモ帳などに書いたものを
コピー&ペーストした方が安全かと思います。
※入力に時間がかかりますと、正常に保存できない場合があります。

Q:これらのデータはどのように今後使われるのですか?
A:8/24に報告した内容は、情報誌「大学評価とIR」に
企画記事として掲載予定です。データの深掘りは進め、
ご報告できるようなものがあれば、別途、報告会の
第二弾を実施いたします。なお、みなさまの個人名や組織名などが
分かる形でデータや分析結果を公表ことはありません。

※今後、ご質問等がありましたら、追加していきます。
[ 嶌田敏行 ]


大学評価コンソーシアム [ R3.9.15更新]
Japanese Consortium of Accreditation Coordinators for Higher Education, All Right Reserved. 2011-2021